【開発環境 #1】「XAMPP」から「WSL2・Docker」へ。開発環境を見直す

開発環境にXAMPPを使用していましたが、環境再構築・メンテナンス・カスタマイズの容易さを求め、「WSL2 + Docker」で開発環境の構築をすることにしました。

まず初めに、今回はWSL2の有効化とUbuntuのインストールをしていきます。

環境
Windows
10 home (20H2)
WSL
2
Ubuntu
20.04 LTS

UEFI(BIOS)で仮想化を有効化

以下は、Ryzen(AMD)、ASUS製マザーボードでの設定です。

  1. Advanced
  2. CPU Configuration
  3. SVM
    1. [Enabled]

Windows Terminal インストール

必須ではありませんが今後も何かと使用するのでWindows Terminalをインストールしていきます。

  1. Microsoft Storeを開く
  2. Windows Terminalをインストール

Windowsの機能の有効化

  1. Windows Terminalを管理者として実行
  2. ツールバーからPowerShellを開く

Linux 用 Windows サブシステムを有効化

> dism.exe /online /enable-feature /featurename:Microsoft-Windows-Subsystem-Linux /all /norestart

仮想マシンの機能を有効化

> dism.exe /online /enable-feature /featurename:VirtualMachinePlatform /all /norestart

ここでPCを再起動します。

コントロールパネルでも可

3-1、3-2の設定はコントロールパネルからも可能です。

  1. コントロールパネル
  2. プログラムと機能
  3. Windowsの機能の有効化または無効化
    1. Linux用Windowsサブシステムにチェック
    2. 仮想マシン プラットフォームにチェック
  4. PCの再起動

Linux カーネル更新

x64 マシン用 WSL2 Linux カーネル更新プログラム パッケージをダウンロードし実行します。

WSL 2 を既定のバージョンとして設定

以下、PowerShellにて行います。

> wsl --set-default-version 2

# バージョン確認
> wsl -l -v

Linuxディストリビューション

任意のディストリビューションをインストール

今回はUbuntu 20.04 LTSをインストールします。

  1. Microsoft Storeを起動
  2. Ubuntu 20.04 LTSをインストール
  3. Windows スタートメニューから Ubuntu 20.04 LTS を起動
    1. ユーザー名設定
    2. パスワード設定

Error: 0x80370102 が発生した場合

UEFI(BIOS)で仮想化の有効化を確認

おわりに

以上でWindowsでUbuntuが動くようになりました。PHPやApacheなどのプログラムをインストールすればWordPressが動くようになります。が、ゴールはDockerでの環境構築です。続きます。